▼ MENU ▼
◀ ファスナー main La vie en rose(Edith Piaf) ▶

Linux(Unable to mount )

先日から何度もこのエラーが出る=外付けHDDのマウントに失敗する(というか、開くと中身が表示されない)ので、お勉強。
Unable to mount ローカル ディスク
Error mounting: mount exited with exit code 1: helper failed with:
mount: according to mtab, /dev/sdd5 is already mounted on /media/???? ????
(※「???? ????」の部分は日本語の「ローカル ディスク」の文字化け。)
mount failed
様々な記事を参考に色々と試してみしましたが、今のところ、下記サイトに従って/etc/fstab ファイルを編集した後、マウント、再起動で落ち着いている模様。
ただ、/etc/mtab/は更新されなかったし、起動後何時間かすると定期的に上記のエラーが出るので、根本的な解決にはなっていません(proc/mounts等についてももっと勉強する必要がありそうです)。
Red Hat Enterprise Linux 固有の情報

5.9.5. /etc/fstab でファイルシステムを自動的にマウントする

Red Hat Enterprise Linux システムを新規でインストールすると、インストール中に定義、作成したディスクパーティションはすべてシステムが起動すると自動的にマウントされるよう設定されています。しかし、インストール完了後にシステムに補助ディスクドライブを追加するとどうなるでしょうか。システムは補助ディスクドライブを自動的にマウントするようには設定されていなかったため自動的にはマウントされません。しかし、これは簡単に変更できます。

/etc/fstab ファイルで変更します。このファイルはシステムの起動時にマウントするファイルシステムを管理するのに使用される他、適宜に手動でマウントされる可能性がある他のファイルシステムのデフォルト値を提供します。次が /etc/fstab ファイルの例です。(※例略)
 
5.9.6.1.3. /etc/fstab を更新する

項5.9.5 で概説されているように、/etc/fstab に必要な行を追加して新しいファイルシステムがシステムの再起動時にマウントされることを確認する必要があります。/etc/fstab を更新したら、デバイスまたはマウントポイントだけを指定する"不完全な" mount を発行して行なった作業をテストします。次の例のようなコマンドで十分です。
mount /home
mount /dev/hda3
(/home または /dev/hda3 には状況に合わせて該当のマウントポイントやデバイスを使います。)

該当する /etc/fstab のエントリが正しければ、mount はそこから不足した情報を取得してマウント動作を完了させます。

この時点でほぼ /etc/fstab はシステムが起動する度に新しいストレージを正しく自動的にマウントするよう設定されたと言えます(確認のために再起動できるのであれば行なった方がいいでしょう)。
または、/etc/fstab ファイルの修正後、
fstab に書いた内容をすぐに反映させるコマンド – それマグで!
にもあるやうに

$ sudo mount -a

または
$ su
パスワード: 
# mount -a
で、普通にマウントさせてもよかったのかもしれませんが、私の場合はこれだと途中でまたエラーが出て元に戻ってしまいました。
以下、今回参考にさせて頂いた記事など。

【mountコマンド】

端末より。
mount: オプションには引数が必要です — ‘t’
使い方: mount -V : バージョンを表示します
mount -h : このヘルプを表示します
mount : マウント済みファイルシステムの一覧を表示します
mount -l : 上記に加え、ボリュームラベルも表示します
以上が情報表示に関するものです。次からはマウント操作に関連するものです。
コマンドは 「mount [-t タイプ] 何を どこへ」 の形式です。
/etc/fstab で詳細を指定しておくことで、省略することもできます。
mount -a [-t|-O] … : /etc/fstab の内容全てをマウントします
mount デバイス : デバイスを既知の場所にマウントします
mount ディレクトリ : 既知のデバイスをディレクトリにマウントします
mount -t type dev dir : 通常の mount コマンドの書式です
上記のコマンドは、状況によってデバイスを実際にマウントしたりしなかったり
することがあるので、ご注意ください。また、下記のようにして、既にあるディレクトリを
他の場所にマウントすることもできます:
mount –bind 古いディレクトリ 新しいディレクトリ
サブツリーを移動することもできます:
mount –move olddir newdir
また、指定したディレクトリのマウントタイプを変更することもできます:
mount –make-shared ディレクトリ
mount –make-slave ディレクトリ
mount –make-private ディレクトリ
mount –make-unbindable ディレクトリ
さらに、指定したディレクトリ以下のすべてのマウントタイプを変更することもできます:
mount –make-rshared ディレクトリ
mount –make-rslave ディレクトリ
mount –make-rprivate ディレクトリ
mount –make-runbindable ディレクトリ
デバイス名は /dev/hda1, /dev/cdrom のように名前で指定することができるほか、
ラベル (-L < ラベル>) や UUID (-U ) でマウントすることもできます。
その他のオプション: [-nfFrsvw] [-o オプション] [-p パスワード]
詳しくは man 8 mount をお読みください。

mountのヘルプ・マニュアル/リナックスコマンド

Man page of MOUNT

mount(8): mount filesystem - Linux man page

Linux の 101 試験対策: ファman 8 mountイルシステムのマウント、アンマウントの制御

マウント - ArchWiki

mount - システム管理コマンドの説明 - Linux コマンド集 一覧表

mountコマンドのおさらい | OpenGroove

Linuxのファイルシステム – IT Systemの作り方

203.1 Linuxファイルシステムの操作と保守 - マイペースな覚え書き

デバイスをマウントする

LPIC Linux – ファイルシステムのマウントとアンマウント

Linux ハードディスクをマウント(mount)する

Linux ハードディスクをアンマウント(umount)する

NTFS領域の実行許可属性をつけない mount 方法は?

【/etc/mtabと/etc/fstabとproc/mounts】

mtab fstab 違い – tech_logの日記

Red Hat Enterprise Linux 固有の情報

Linuxキーワード - mtab:ITpro

[SOLVED] Difference between mtab and fstab

/etc/mtab vs /proc/mounts
 

Linux基本操作 – Linux初心者の基礎知識
より
/etc/fstabについて その1 – Linux初心者の基礎知識

/etc/fstabについて その2 – Linux初心者の基礎知識

/etc/fstabについて その3 – Linux初心者の基礎知識

/etc/fstabについて その4 – Linux初心者の基礎知識


サンプル。
XXX@XXX ~ $ sudo fdisk -l
[sudo] password for XXX:

(略)
Disk /dev/sde: 1000.2 GB, 1000204886016 bytes
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 121601, 合計 1953525168 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスク識別子: 0x0008bd4a

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sde1 16065 1953520064 976752000 f W95 拡張領域 (LBA)
/dev/sde5 16128 1953520064 976751968+ 7 HPFS/NTFS/exFAT


XXX@XXX ~ $ cat /etc/fstab
# /etc/fstab: static file system information.
#
#

(略)
#Entry for /dev/sdf5 :
UUID=B40A3AC10A3A8082 /media/ローカル¥040ディスク ntfs defaults,nls=utf8 0 0
(略)

XXX@XXX ~ $ cat /etc/mtab
(略)
/dev/sdd5 /media/ローカル¥040ディスク fuseblk rw,nosuid,nodev,allow_other,blksize=4096 0 0

XXX@XXX ~ $ cat /proc/mounts
(略)
/dev/sdd5 /media/ローカル¥040ディスク fuseblk rw,nosuid,nodev,relatime,user_id=0,group_id=0,allow_other,blksize=4096 0 0
JUGEMテーマ:Linux
cetegory : Linux • - • - • - •
2016年06月03日(金) 16:57 by ことりさん [ Edit ] • TOP •

スポンサーサイト

cetegory : - • - • - • - •
2020年09月20日(日) 16:57 by スポンサードリンク [ Edit ] • TOP •

TOP