▼ MENU ▼
◀ 所感 main もうすぐクリスマス ▶

着物(着付けのお稽古)

今年の三月いっぱいで旧エディター(ウィジウィグエディター)は終了なんですか〜。
一番使いやすくて気に入っていたのに残念。

さて本題。
今年こそ着物を着ようとお正月から練習中。
でも今週から寒さがきつくなったので、エアコンをつけないと寒くて練習出来なくて辛い(泣)。

本当は年末から始めて、お正月に着たかったんだけど、体調不良の為かなわず。

しかもその前に部屋を片付けて、十分なスペースを確保したかったのに、それもかなわず。
(ほんの少しだけ片付けはしたけど、全然足りない。)

なので、今月中に着るのは諦めて、2月の建国記念日あたりにでも着ようかな〜と今から逃げ腰になっていたりする。

とにかく、まずは随分昔に買った着付けの本で初めて練習してみたら、説明がわかりにくい上に、独特の着付け法だったようで、上手くいかなかったので、通販で買った簡単なDVDとYouTubeの動画を参考にすることにした。
(そういえば、昔ビデオも買ったんだけど結局観ないままDVD・ブルーレイ時代になってしまった・泣。)

ただ、YouTubeの動画は簡潔にまとめてあるものが多いので、要は細かい説明を省いてあるものが多いので、複数観ておくべきだと思った。
外国の方とも会う予定なので、今週末に着て行きたかったんだけど、かなり寒くなりさうなので超迷う。
着物用の外套も持っていないし、やはり延期しようかな〜(泣)。

Mapion天気予報(マピオン)- 地図と住所からお天気チェック!

Yahoo!天気・災害

天気予報 - ウェザーニュース

ところで、何故着物を着たくなったのかと言えば、ある外国人男性と日本人女性夫婦の浴衣と甚平姿の写真を見たのが直近のキッカケではある。
妻の浴衣にところどころ妙なシワがあるし、どう見てもアイロンをかけていないとしか思えないヨレヨレの浴衣を着て、着付けもグチャグチャのまま夫婦で夏祭に行ったと聞き、日本人として情けないやら腹が立つやらで、面と向かって注意するよりも、「やって見せ」ということで、私自ら実践してみようと思ったからではある。
何せ、その時の写真を最初に見た時は「ああ、旅先の旅館での寝起き写真か」と思ったほど着付けが乱れていたし(盆踊りを踊るまくったとしても、最初にキチンと着ていれば、動作も自然と制御または制限されるし、ああいう着崩れは生じないと思う)、柄と生地のフニャフニャ具合からして元々寝間着用の化繊か何かで作られた安物を着て外に出たのだろうか・・・とまで考えてしまった程、私からすると酷いものだったので(それとも洗濯する際に柔軟剤を入れまくったのかしら・・・)。
(はたまたオペラ「蝶々夫人」が海外で演じられる時などにもありがちだけど、ユカタを洋服感覚で着たためにああなってしまったのだろうか・・・謎である。)
しかも、いくら着物ではなく浴衣でも、正式な畳み方で畳んでキチンと保管していれば、決してつかないような妙なシワも散見されたので、一体全体どうなっているのかと。
尚、手持ちの古いものを適当に合わせたとしか思えなかった帯にまで言及するのは酷かなと思うので略。
ついでに夫に着せた甚平もジャストサイズだったお蔭か着付けは無難だったとはいえ(さすがに甚平くらいは普通に着てもらわないとね)、またしてもノーアイロン。
もう「夏祭で盆踊りを踊ってきた帰り」というのは真っ赤な嘘で、「さっきまでそれ着て寝てただけなんじゃ・・・」と疑わざるを得ない程の大ジワ小ジワがあり、もう本気で目眩と吐き気でひっくり返りそうになった私ではある。
写真の中で何も知らずに微笑んでいる夫を見て「知らぬがホトケ」とはこのことかとさえ思ってしまったことだよ。
(しかし流石に他のガイジンさんも見てるんやで!誰かもっと親しい人が注意しろよ!何で私がここで愚痴らなあかんねん!・・・と思うようなネタが豊富な夫婦だから皆慣れちゃってるのかな・・・。でも幾ら今は自慢のガイジン夫であったとしても、この妻のプロデュース下ではもうあと数年後には「低俗な日本」臭と加齢臭と生活臭漂うただの冴えない小汚いガイジン中年にしかならないと思うよ・・・って浮気されないようにワザとだったりしてw)

去年の夏の終わりに、花火大会の帰りと思しき浴衣姿の女の子を駅前で見かけたんだけど、たとえメイクはヤンキー風味でも(泣笑)、最近じゃ滅多にお目にかかれない程とてもキレイにキリッパリッと浴衣を着こなしていたのにいたく感心して、姿が見えなくなるまで後ろ姿に見とれていたことを思うと虚しい・・・(恐らく身内か知り合いの着付けが上手い人に着せてもらったのだろうけれども、本人にもキチンと着ようという意思があるだけでも嬉しくなる)。
因みにとてもキレイな裾つぼまりになっていたので、彼女が小走り気味で去って行く姿も可愛くキマっており、ふと「おきゃん」という言葉まで思い出してしまった。

・・・ただ、そんな思いで着ても気分がよくないし、昨年のお正月にも着たいと思いつつ機を逸してしまい、更には来年の今頃は自分がどうなっているか予測不可能な世の中になりつつあるということもあり、着られるうちに着物を着ておこうとだけ、今は思うようになりつつあ・・・ったんだけど、以下の動画を観て、また思い出してしまい憂鬱になったので、ここに吐き出してしまいました(泣笑)。

浴衣マナー、歩き方、座り方、挨拶、着崩れ直し、アフターケア 【ビエボ】 | 着物・浴衣 – YouTube
cetegory : Life • - • - • - •
2016年01月22日(金) 06:21 by ことりさん [ Edit ] • TOP •

スポンサーサイト

cetegory : - • - • - • - •
2020年09月20日(日) 06:21 by スポンサードリンク [ Edit ] • TOP •

TOP