スポンサーサイト

 2017年04月30日(日)   -

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
       
     -  -   -
    2017年04月30日(日)   スポンサードリンク   Edit

    クナイプビオ オイルとバイオイルの比較

     2015年08月23日(日)   Life
    評価:
    ---
    クナイプジャパン(井田)
    ¥ 1,700
    コメント:バイオイルよりもテクスチャはやや重めではあれ、バイオイル塗布時のようなピリピリ感や肌が赤くなるようなことも全くなく、しっかりとお肌を保護してくれている感じがして気分的にもホッとします。化粧ノリもよくなった気がします。ミネラルオイルが苦手なせいか、バイオイルよりもこちらの方が断然肌が落ち着いて丈夫になってきた〜!って感じがします。

    評価:
    ---
    バイオイル
    ¥ 1,980
    コメント:オイルといっても使用感が軽く、肌への浸透も早いので使いやすかったです。洗顔後、化粧水とこれ一本、またはこれだけでもよく、忙しい時など助かりました。優しい香りもよいです。一本使いきった今、よく見てみたら確かに前よりもニキビ跡(の凸凹)が薄くなっているようです。ただ、顔に使用するとしばらくピリピリとしみ、肌が赤くなるのが気になっていたのでリピートはやめて、私の苦手なミネラルオイル等を使用していないクナイプビオ オイルを試してみています。

    バイオイルを使いきったので、クナイプビオ オイルを使用中。

    まだ使用して間もないのですが、今のところ、ミネラルオイル(鉱物油)OKで、軽い感触が好きな方はバイオイルでも可、そうでない方はクナイプビオ オイルの方が無難かもしれない、と思いました。
    あと、私の場合、クナイプビオ オイルのほうがお化粧ノリがよくなります。
    顔だけでなくボディオイルとしても、クナイプビオ オイルのほうが確り保護してくれるというか、効いていると思います。

    追記:やっぱり敏感肌気味の私にはクナイプビオ オイルの方が断然合っていたようで、使用して一週間程で肌がすごく落ち着いて、変な赤味も消え肌の色も均一に、しかも明るくなってきて、健康的に見えて嬉しいです。

    詳細は後半にて。
    さて、バイオイルを使い切り、今迄は化粧水の後に美容液とクリームを使つていたのが省略できて便利ではあったけれども、やや敏感気味の肌の私は、塗布後しばらくはピリピリとしみて赤くなるのが気になっていたので、ドラッグストアでバイオイルとクナイプビオ オイルでは、どちらが肌に優しいか訊いてみたところ
    「バイオイルは赤ちゃんから妊婦さんまで使えると聞いているので、バイオイルのほうが肌に優しいと思います」
    といふことでしたが、成分を比較するとクナイプビオ オイルのほうがよさそうだったので、思い切って買い替えてみたところ、断然自然で優しく濃厚なまでの保護感に包まれて気分的にも妙に落ち着くので私には合っていると思いました。
    (無愛想というかやる気がなさそうな薬剤師さんだったので信用しなくてよかったわいw)
    DHCのオリーブオイルも昔使っていたのですが、どうだったか忘れてしまいましたが、とにかくオリーブオイル万歳w
    でも、今迄で一番劇的な効果を感じたのは昔のアスカのスクワランオイルかも。
    とにかくどんな高級化粧品でも改善しなかった慢性的な肌荒れや化粧ノリの悪さが最初に使用した直後から改善されていくのに感激しまくりました。
    (妹に勧められて使用してみたハーバーのスクワランオイルでは効果を感じなかったのに。)

    ただ、ジョンソンベビーオイルなど他のミネラルオイル使用製品でも、ちょっとキツイ感じがしたり、かえって肌荒れすることが多かった私でも、バイオイルは塗布後しばらくはピリピリ感と赤味がキツクなる以外は、トラブルもなく割と好感がもてました。

    イタリア(というかローマ)料理でオリーブオイルのよさを実感し、初夏あたりから数年ぶりにAURA-SOMAのイクイリブリアムも使っているので、オイルのよさをあらためて感じることが多い今日この頃です。

    【クナイプビオ オイル資料】
    商品詳細 クナイプビオ オイル|Kneipp(クナイプ):安らぎの香りとハーブの魔法をあなたに。

    全成分
    サフラワー油、オリーブ果実油、グレープフルーツ果皮油、ヒマワリ種子油、トコフェロール
    クナイプ / クナイプビオ オイル商品情報 −@cosme(アットコスメ)−

    【バイオイル資料】
    バイオイル|株式会社ジャンパール

    配合成分は|商品のご紹介|バイオイル|株式会社ジャンパール

    配合全成分
    ミネラルオイル、トリイソノナノイン、エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸レチノール、酢酸トコフェロール、ラベンダー油、ローズマリー油、ローマカミツレ花油、ビサボロール、トウキンセンカ花エキス、ダイズ油、ヒマワリ種子油、BHT、香料、赤225

    バイオイルは、防腐剤、動物由来成分を配合していません。

    ピュアセリンオイル™(エモリエント成分)とは、エチルヘキサン酸セテアリルとミリスチン酸イソプロピルの混合成分のことです。
    【美容・妊娠線】1本で使える!女性の悩みに嬉しい効果抜群の「バイオイル」とは? - NAVER まとめ

    バイオイル / バイオイル商品情報 −@cosme(アットコスメ)−

    オランダ在住の日本人女性が購入していたのが「バイオオイル」だった理由がわかりました。
    バイオイルの評判が通販サイトで賛否分かれてる理由はナゼ? - オッサンの大人ニキビ対策とその結果

    【ミネラルオイル資料】

    ミネラルオイルとは - Google 検索

    知って欲しい大切なこと

    鉱物油フリーなんて無意味|医師監修の敏感肌化粧水ガイド

    JUGEMテーマ:敏感肌 化粧品
    0
       このエントリーをはてなブックマークに追加   

      スポンサーサイト

       2017年04月30日(日)   -
      0
         このエントリーをはてなブックマークに追加   
         -  -   -
        2017年04月30日(日) 15:03  スポンサードリンク   Edit