Linux本/Disabling IRQ #9

 2014年05月17日(土)   Linux
評価:
晋遊舎
¥ 1,533
(2013-06-13)
コメント:誌面ではUbuntuなどのLinuxディストリビューションにおいて重要な端末の利用法やコマンドについては殆ど触れられていないので、付録の電子書籍と合わせてコンプリートバイブルになると思っておいたほうがよいと思いますが、付録のDVDがとてもよかったので大満足です。

日経Linux5月号と共に届いたので、早速DVDのUbuntu13.04を使用中。

「入門書」とは謳っていないのでいいけど、こういう本だけをさっと見た予備知識のない人が、端末とコマンドの存在を知らないまま(紹介記事では殆ど触れていない)インストールしちゃって、後で後悔することにもなりかねない気が。
Ubuntuのよさをアピールする雑誌や記事って、こんなのが多い印象があるけど、最初に「コマンドと英語が苦手な人お断り」って書いといてあげた方が親切だと思うよ(私も未だに苦手だけど)。

因みに
・「Linuxコンプリートバイブル」のDVDはUbuntu13.04。
・「日経Linux」のDVDはUbuntu13.10。
いづれも32ビット版。

最初に試したコンプリートバイブル版は5分ほどかかったが無事起動した。
DVDからなのにGIMPの起動が非常に速いのに感心(Windowsだと結構かかる)。
ただ、DockyがあるとFirefoxの縦幅がその分狭まるのが邪魔だったので、設定変更しようとしたら、フリーズしてしまい、システムモニターから終了させたけど、今のところ問題なし。

Linuxコンプリートバイブル壁紙
(オリジナル壁紙はこんな感じでブルー・オレンジ・グリーンの三色ある。)

しかし、GPartedの検索にはいつも非常に時間がかかるのを何とか出来ないだろうか。
作業目的のディスクだけでなく、全部検索して下さらなくてもいいのに〜(泣)。
端末から何かすればいいんですかね?

GParted

そして、USBへのフルインストール。
やってみたけど「Ubuntuのインストール準備」画面から先に一向に進まなくて、一時間ほど経過した頃には完全にフリーズしていたので一旦終了。
サーバーの変更をしたのがまずかったのかな。

Ubuntu13.04インストーラー

次の日経版(通常のUbuntu)では、またしても
[     XXXXX] Disable IRQ #9
で停止してしまった。

ただ、こちらの記事にあるように、最初の紫色の画面で何かしてみたことはなかったので、今度やってみようと思う。
というか、昔からこの画面で何らかのキーを押さないといけなかったんだったけ?
もしそうだとしたら、ここ一週間の私の苦労って一体・・・。

Ubuntu 12.04 トラブルシューティング その1 - Liveメディアから起動できない - Ubuntu kledgeb
http://kledgeb.blogspot.jp/2012/06/ubuntu-1204-1.html

ところで、上記記事で紹介されていたリンク先を見たら、「IRQ」の文字を発見・・・有難や。
きちんと読まないとわからないんだけど、Disablingだったからactivatesにすれば何か変わるんだろうか(追記:よく調べたら、逆に無効にした方がよさそうだった)。
BootOptions - Community Help Wiki
https://help.ubuntu.com/community/BootOptions
 

Common Kernel Options


pci=noacpi OR acpi=noirq
These parameters disable the PCI IRQ routing
これらのパラメータは、PCI IRQルーティングを抑制します

pci=acpi
This parameter activates the PCI IRQ routing
このパラメータは、PCI IRQルーティングを起動させます

acpi_irq_balance
ACPI is allowed to use PIC interrupts to minimize the common use of IRQs.
ACPIは、IRQの一般の使用を最小にするためにPIC割り込みを使うのを許されます。

(翻訳)
BootOptions−コミュニティは、Wikiを助けます - BootOptions - Community Help Wiki
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cHM6Ly9oZWxwLnVidW50dS5jb20vY29tbXVuaXR5L0Jvb3RPcHRpb25z,qfor=0

日本語ページもあった。
UbuntuTips/Others/BootOptions - Ubuntu Japanese Wiki
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Others/BootOptions
Grub2 - Community Help Wiki
https://help.ubuntu.com/community/Grub2

Grub2−コミュニティは、Wikiを助けます - Grub2 - Community Help Wiki
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cHM6Ly9oZWxwLnVidW50dS5jb20vY29tbXVuaXR5L0dydWIy,qfor=0

Boot-Repair - Community Help Wiki
https://help.ubuntu.com/community/Boot-Repair

起動修理−コミュニティは、Wikiを助けます - Boot-Repair - Community Help Wiki
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cHM6Ly9oZWxwLnVidW50dS5jb20vY29tbXVuaXR5L0Jvb3QtUmVwYWly,qfor%3D0

そういえばコンプリートバイブル版と異なり、日経版は幾つかのLinuxディストリビューションから選択できるようにGRUBのブートメニューが表示されるんだけど、それが起動できないことと何らかの関係があるのだろうか。

追記。
この後、日経版で起動して、紫の画面(下部にキーバードとユニバーサルアクセスのアイコンあり)で「Esc」キーを押して見たら

UbuntuTips/Others/BootOptions - Ubuntu Japanese Wiki

の説明の通りメインメニュー画面が表示されたので、
「F6」→「Esc」→起動コマンド行を編集できるようにして、
「-- 」の後に、
pci=acpi(PCI IRQルーティングを有効 )、
pci=noacpi(PCI IRQルーティングを無効)と、
パラメーターを入力してみるも、結局起動できず。
ついでにFedoraも起動させて見たけど、 Ubuntuのときよりも詳しいメッセージ(というのかどうかわからないが)が表示されただけで、起動できず。
それでも先頭行に

[     2.561178] irq 9 : nobody cared (try booting with the "irqpoll" option)

と表示されたので、これを元にまた調べてみたら参考になる記事が一杯出てきた。
後でまた試してみる。
Fedora〜、なんて親切なんだ〜、どうも有難うw

というか、このページにもあった・・・「IRQ」が小文字だったから気が付かなかったけど。
UbuntuTips/Others/BootOptions - Ubuntu Japanese Wiki

irqpoll
カーネルの割り込みの挙動を変更します(pollingに設定します)。ハードウェアの割り込みに問題がある場合に役立ちます。
» kernel: irq #177… と irqpoll

プログラム備忘録 IRQの競合

irq 98: nobody cared (try booting with the “irqpoll” option) | モラトリアム人間

2008年の記事だけど。
[ubuntu] How to add "irqpoll" kernel boot options?

GNU/Linux Debian user questions for Debian JP Project

2522 Centos起動不可 - Web Patio - CentOSで自宅サーバー構築

JUGEMテーマ:Linux
0
     このエントリーをはてなブックマークに追加   

    スポンサーサイト

     2020年08月06日(木)   -
    0
       このエントリーをはてなブックマークに追加   
       -  -   -
      2020年08月06日(木) 15:37  スポンサードリンク   Edit