大木充先生復活(まいにちフランス語)

 2014年03月27日(木)   Language


昔、職場でお局さま(昔の言い方で言えば自己愛性人格障害に当てはまると思う)に苛められていたとき、ピンクの服や小物がどっと増えたことがあったわ。
あと、観葉植物にハマったのもこの頃だったわね。
それだけでなく、名糖アルファベットチョコレートや明治のストロベリーチョコレートをものすごく食べるようになったわ。
NHKラジオのフランス語講座もこの頃聞き始めたわ。

それで思い出したけど、「 懐かしの大木充先生/なりきり盒饗臺 」 でも書いた大木充先生が4月から復活する〜!
しかもジャニックさんも一緒よ!ジャンはどうだったっけ?

NHK語学番組 | フランス語の番組 |

NHK語学番組 | まいにちフランス語 |

ストリーミング放送やってるんだ!
NHK マイ語学 に登録ね!

ん〜、フランス語はラジオのほうが説明も詳しいし、発音も勉強しやすい印象が確かにあるような、でもその時々で違うから。
NHKの「テレビでフランス語」が難しい。 - Yahoo!知恵袋

でも、私いまイタリア語をメインにお勉強したいんだけど(泣笑)。
NHK語学番組 | イタリア語の番組 |
(イタリア語講座の最終回は案外あっさりしてたなあ。カズキのナビは最高だった。)

政信さんの「赤ずきんちゃん」、よかったw
NHK語学番組 | テレビでドイツ語 |
(テキストが近くの書店になかったので、語学というより普通の番組として楽しく拝見させて頂きましたw)

Category:NHKの語学教育番組 - Wikipedia
0
     このエントリーをはてなブックマークに追加   

    懐かしの大木充先生/なりきり盒饗臺

     2014年03月13日(木)   Language
    評価:
    大木 充
    NHK出版
    ¥ 1,365
    (2008-11)
    コメント:簡単なフレーズとともに落ち着いて発音を学べるので、初心者にとっては有難い一冊。「■ちょっとまとめてみましょう」も便利。CD吹き込みのファビエンヌ・アベールさんの明るさといい、大木先生のフランス語講座は楽しくて好きです。

    昨日、NHKの語学講座のテキストを買いに行った書店で見つけた一冊。
    私の初めてのNHKのフランス語講座(ラジオ)の講師が大木充先生だったんだけど、明るくてアットホームな講座の雰囲気が大好きだったので、つい購入してしまった。
    そのスキットの主役である日仏ハーフという設定の女の子の声も可愛くて気に入っていたし、テーマ曲もフェイドアウトするときが切なくなるくらい好きだったわ。
    でも、この時「も」他のことで忙しくなって挫折してしまったし、TV版のときもろくに視聴できなかったけど、とにかく久しぶりに大木先生の明るい声が聴けて嬉しい私。

    大木 充 - 研究者 - ReaD & Researchmap

    大木 充 人間・環境学研究科 教授 ― KYOTO-U OPEN COURSEWARE
    (講義が動画で視聴できる〜!)

    国際フォーラム「多極的世界観の構築と外国語教育−多様な言語文化への挑戦」の開催について(2008年5月16日) ― 京都大学

    KAKEN - 大木 充(60129947)
    今気がついたけど、EURO24のテーマ曲のスペイン語版って哀愁が漂いまくりですごくいいなあ。
    NHK語学番組 EURO24 24の街あるきフレーズでヨーロッパを体感!

    ソチ五輪に夢中になって、2月分の内容がろくに頭に入ってないわ。
    NHK語学番組 | テレビでイタリア語 |

    北村さんとも今月でお別れか〜・・・寂しいな。
    KAZUKI KITAMURA OFFICIAL WEB | 北村一輝 公式ウェブサイト

    北村一輝(Kazuki Kitamura) FROM FIRST

    と思ったら4月からドラマが始まるけど。
    月曜ミステリーシアター『ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜』 | TBSテレビ
    イキナリだけど、懐かしのダリオさんメモ。

    ダリオ・ポニッスィ プロフィール/TOPPAN HALL

    ダリオ・ポニッスィさん

    ダリオ・ポニッスィさんインタビュー:ダリオ流「ダイバーシティ」 - 『日本の人事部』

    ダリオ・ポニッスィ講師による「イタリア・オペラ・レクチャー」 | 横浜市立大学

    Amazon.co.jp: ダリオのイタリア語 (<CD+テキスト>): ダリオ ポニッスィ, 白崎 容子, Dario Ponissi: 本<CD+テキスト>
    0
       このエントリーをはてなブックマークに追加  

      今期はイタリア語

       2013年11月05日(火)   Language
      伊藤 太吾
      ナツメ社
      ¥ 1,922
      (2006-04)
      コメント:誤植などもあるようなので要注意ですが、便利だったり面白かったりもするので、結構重宝しているかも。ただ、テキストは赤でなく、緑系の配色の方が読みやすかったようにも思う。

      NHK語学講座の開講月なので
      に引き続き。

      オペラで好きな曲にはイタリア語の方が若干多いので、学べば学ぶほど歌も覚えやすくなるということで、今期は
      テレビでイタリア語
      メインでお勉強しようかなと。
      これは再放送なんだねー。

      冒頭、一冊目の書籍のナツメ社のページ。
      フランス語・イタリア語・スペイン語が同時に学べる本(フランス語) - 伊藤太吾:著|ナツメ社|実用書、看護書、資格書、語学書、保育書等の販売
      (たまに指摘されている誤植等の訂正があるかな〜、と思ったけどないみたい。)

      昔、他の人も似たような概説本を出していたと思うけど(ラテン語がわかれば、みたいな)、これを脳内がまっさらな状態でまともにやったらどうなるんだろう。
      脳内に、ひとつひとつの言語のお部屋をきちんと構築するために云々かんぬんということで、別々にやった方が結果的には効率がよいという説も目にしたことがあったような。
      文法はともかく、発音の切り替えは面倒なので(仏伊だけでも鼻母音の有無やRの発音の違いがあったりする)、特殊な反射神経は磨かれるかもしれないw
      とはいえ、私はタイトルを真に受けてというか、本気で同時に学ぶつもりで購入したわけではないし、フランス語とイタリア語がごっちゃになってしまったときの修正や確認に便利だったりもして、面白く読んでいる一冊。
      とかなんとか書いてるけど、万年初心者レベルの私ではある。
      とりあえず、PC関連で英語にばかり付き合わされるとイヤになっちゃうので、息抜きがしたくなる今日この頃。
      Amazon.co.jp: フランス語・イタリア語・スペイン語が同時に学べる単語集: 伊藤 太吾: 本

      内容(「BOOK」データベースより)
      フランス語・イタリア語・スペイン語はロマンス語といって、もとは一つの言葉=ラテン語(ローマ帝国の公用語)でした。このため、文法や単語の語彙、男性・女性などはほとんど一致します。そこで学習法としては、この3つを一度に覚える方が効率的で簡単です。たとえばフランス語ではテーブルのことをla table=女性のように、冠詞付きで覚えなければいけませんが、イタリア語ではtavola、のように語尾がaなら女性になります。ですからフランス語だけを覚えるよりイタリア語と比較して覚えた方が簡単なのです。この学習法はラテン系の言語を学ぶさまざまな人が実践しているわりに、あまり知られていません。本書は、ラテン語、ポルトガル語、ガリシア語、スペイン語、カタルーニア語、フランス語、イタリア語、ルーマニア語に精通した著者が、この学習法のエッセンスをレッスン形式で具体的に教えてくれます。

      内容(「MARC」データベースより)
      元はラテン語の方言であり、文法・語彙・男性・女性などが一致するフランス語、イタリア語、スペイン語を、一度に覚える効率的な学習法を紹介。細かな違いも覚えやすい2色構成で、役立つトピックスやヒントも満載!
      Amazon.co.jp: フランス語・イタリア語・スペイン語が同時に学べる単語集: 伊藤 太吾: 本

      フランス語・イタリア語・スペイン語が同時に学べる単語集(フランス語) - 伊藤太吾:著|ナツメ社|実用書、看護書、資格書、語学書、保育書等の販売

      日刊ベリタ : 記事 : 伊藤太吾著「フランス語・イタリア語・スペイン語が同時に学べる単語集」
      (グーグルの自動翻訳機能の賢い使い方など。)

      Amazon.co.jp: デイリー日伊英・伊日英辞典: 藤村 昌昭, 三省堂編修所: 本

      ラテン語といえば「オルフェウスの窓」の話も書きたいところだけど略。
      あと、二冊目の単語帳。
      クールなドイツ語講師とは対照的に可憐な武田好先生著。
      購入当時、武田先生がラジオ講座の講師をしておられたのと、近所の大き目の書店だと、辞書は英・中・韓のものが多く、他のはコンパクトサイズのものしかないので、とりあえず購入した単語集。
      発音についての解説は殆どないけど、「イタリア語ミニ文法」もついているし、初心者向けのわかりやすい内容がよいと思うけど、真面目に勉強してない私w
      ただ、他の言語の書籍でもいえるけど、こういうのにはカタカナのフリガナよりも発音記号を掲載してほしいな〜。
      NHKのテキストにも。
      発音の目安が全くないのも心細いが、カタカナがあるとかえって邪魔に感じるし、慣れればその方が便利。

      でも、何に一番感動したかというと、
      「La principessa Zaffiro」(イタリア語版「リボンの騎士」)内で頻繁に出てくる
      "Ti ringrazzio."
      ([友人など親しい人に]ありがとう。)
      が、最初の方(7ページ目)で見つかったことだったりw

      「リボンの騎士」は、動画サイトで伊・仏・独・アラビア語等々いろいろ視聴できるけど、奴隷船の奴隷の歌の吹き替えも丁寧になされていたし(独語版などは無音になっていた気が)、日本のオリジナル版と雰囲気が近いような気がして、一番よかった。
      最終回の神様の声にも号泣。
      仏版も主題歌など頑張っているが、肝心のカーニバルの回で、フランツをガキっぽい声の代役が演じていたのがかなり残念w

      ★送料・代引無料★ リボンの騎士 DVD-BOX 全話:正規品イタリア版(日本語/イタリア語) - 【リボンの騎士 DVD-BOX 全話】 正規品イタリア版 日本語/イタリア語

      イタリア語で読む、手塚治虫の「リボンの騎士」1巻 - Antiquarium Milano

      topic5
      (アニメ版海外見聞録 その1 アニメ「リボンの騎士」海外版)
      辞書といえば、昔のNHKのフランス語ラジオ講座のテキストに、仏日辞典の解説が掲載されていて、購入の参考にできてとてもよかった。
      イタリア語はどこのがいいんだろうか。
      というか、今はもう電子辞書の時代かな〜。
      0
         このエントリーをはてなブックマークに追加  

        NHK語学講座の開講月なので

         2013年10月24日(木)   Language
        NHK語学番組

        姪が来年からドイツ語を習うと聞いて刺激されたのもあって、ETVの語学講座、イタリアとフランスに加えてドイツも視聴中。
        今までは主にラジオ派だったけど、TVもいいなあ。
        しかもAMって、音的に聞いていると侘しくなることが多いので、FMでやってくれたらいいのにな(泣笑)。
        でも、私のことだから、今月だけ観ておわりそうだけど。
        それでも、今迄の経験から言って、最初の一ヶ月だけでもマジメにやると発音の雰囲気だけでもつかめて、簡単な歌なら歌いやすくなる・・・ようなならないような。
        私にとっては外国語って一種の音楽のようなもので、発音するのが楽しいから、たまにこういうので勉強するだけなので、文法などはよくわかっていないんだな。
        私がUSAよりUKロックの方が好きなのも、この歌手のこの歌のこの発音が耳に気持いい〜、好きだ〜、真似したい〜!とかいうのが、USAには殆どないからだと思われる。
        とりあえず、現実逃避したいときにも外国語はいい。
        ついでに、さびしいorいじけているor甘えたいとき、鬱のときなどはフランス語が効く気がするw

        NHK語学番組 EURO24 24の街あるきフレーズでヨーロッパを体感!

        スペイン語は載せていないけど、この中のどれかを一つやっておくと、文法的に楽だよね(ってさっきよくわかってないって言ったくせに偉そうwww)。
        語学って、単語の記憶以外は、運動神経というか反射神経を丁寧かつ徹底的に慣らして鍛えることが一番肝要な気もしないではない。

        テレビでイタリア語

        北村さんの巻き舌は結構わかりやすくていいのでは。
        私はナビゲーターの発音が下手だと、初心者に変な発音聞かせないで〜、とか思ってしまうのでw

        テレビでフランス語

        テレビでドイツ語

        ゴガクル イタリア語 – NHK語学フレーズをフル活用!日本eラーニング大賞受賞の外国語学習コミュニティ

        ・・・こうして、またしても私の脳内で各国語がぐちゃぐちゃになってしまう上に、オペラを聴いて、ア口、オ口、エ口とかそれぞれの歌手の癖とかによって、発音も適当になってしまう私ではある。

        以上、10月22日の記事から移項したもの。
        0
           このエントリーをはてなブックマークに追加